治療の流れ

予診表

受付で保険証の提示をしていただき、待合室でゆっくり予診表を書いて下さい。その後の診察・検査をする上で、できるだけ詳しく書いていただけると嬉しいです。

診察

A.問診

どの様な状態で怪我をしたのか、痛みが出たのか、患者さんの主訴をお聞きするとっても、重要な情報源です。 根ホリ葉ホリ、お聞きしますが、お許しください。

B.視診

腫れが有るか?内出血は出ていないか?

実は、待合室の時から視診は始まっています。
「座り方が、ぎこちないな!腰に力が入ってない。」
「右足をかばった歩き方だな!骨折が有りそうな歩き方だ!」などなど見た目も、とっても、重要です。

C.触診

やはり、触ってみなければ分からない事が沢山あります。
筋肉の左右差、緊張具合、熱感、疼痛、変形、などなど。

これらを、複合して症状の見当をつけていきます。
その後、その見当を元に検査を行います。

検査

筋力検査・知覚検査・腱反射を基本に、それぞれ体の部位によって有効な検査が有ります。その他、関節の可動域(ROM)なども治療に大切な指標となります。

もちろん、当院ではエコーを最大限活用して骨・筋肉の繊維・靭帯の損傷具合内出血の有無を診ていきます。

検査の結果と必要な治療の選択肢を患者さんと話し合い、治療に移ります。

治療

基本となる治療は、低周波による電療法です。
筋肉や軟部組織を刺激して、代謝を活発にします。

実は「治療」とは、一言で言うと「代謝」です。
血流やリンパの流れを良くしてあげ、どんどん代謝を促し患部を活性化させます。

我々の役目は、患者さんの持っている「自然治癒力」を手助けする事です。

その他、温療法・マニュピレーション(手技療法)・運動療法・物理療法を患者さんの様々な症状に合わせ治療を行います。


ページトップ